2015年6月6日土曜日

JSEPTIC看護部会セミナー

ちょっと遅くなりましたけど、

JSEPTIC看護部会セミナーを行いました。
RRSのシンポでは、藤谷先生(東京ベイ)、森安さん(北里大学病院)を中心に現在の様々な形のRRSを紹介していただきました。

論文紹介は、卯野木、桜本(筑波大学病院ICU)より、研究を理解する上で必要な知識の教授をしながら、いくつかの論文を紹介しました。
新人教育では、赤間さん(東北薬科大学病院ICU)、和田さん(みさと健和病院HCU)、辻本くん(奈良県立医科大学ICU)、佐藤君(兵庫医大病院ICU)から発表していただき、現場レベルの、些細かもしれないけれどみんなが悩んでいることに関して共有しました。

その後のShare Your Presentationでは、関西でのネットワークを目指している佐藤さん(京都大学)、今中くん(杏林大学病院ICU)は抑制を少なくした経緯の紆余曲折を説明してくれました。新潟大学の加藤さんは、メンバーを代表して救命センターと病棟のコミュニケーションを発表してくれました。
東京ベイの小波本さんは、看護師主体のM&Mの取り組みを、国立循環器病センターの政岡さんには、勉強会をしない学習(おもしろかった!!)、最後に筑波大学の櫻本さんに、筑波大学ICUのかなりちょっとした取り組み(インシデント予言集、打刻漏れをなくす取り組みなど)を発表してもらいました。

思ったことは、こういう現場レベルの、正解はないけど、みんな同じようなことで悩んでるんだな、というようなことが共有できる会は有意義だなということ。また、そのことの解決策がShare Your Presentationにちょっとあったり(そういう解決も正解はないだろうけど)。
また、みなさん、Presentationがうまい!!全体的に若手の発表者が多かったのですが、すごく上手に自施設の取り組みをプレゼンしていただき、感激しました。

次回もぜひやりたいと思います。今回来れなかった方、ぜひ!

0 件のコメント:

コメントを投稿